プロペシアの副作用は医師に相談しよう|長期育毛計画

男の人

男性型脱毛症を予防する

薄毛の男性

脱毛の特徴

男性型脱毛症とは、思春期を過ぎた男性がなりやすい薄毛のことです。男性型脱毛症の特徴は、額の生え際がM字型に後退したり、頭頂部の地肌がお皿のように広がったりすることです。男性ホルモンのテストステロンが、額の生え際や頭頂部の毛根にだけ作用するために、こうした脱毛現象が起こります。どんなにはげている人でも、額や頭頂部以外の髪の毛がふさふさなのはそのためです。男性型脱毛症を予防するのに効果的なのが「プロペシア錠」です。プロペシア錠は「飲む育毛剤」という別名もあるほど、抜け毛予防に効果があります。日本皮膚科学会でもプロペシア錠を推奨しています。プロペシア錠を服用することで、男性ホルモンの活性化を抑え、体内から脱毛の進行を抑止することができます。

購入できるところ

プロペシア錠は医療機関や輸入代行サイトで購入できます。医療機関では、発毛外来やAGA外来、一般病院の皮膚科などで処方しています。プロペシア錠は飲む人によっては、軽いながら副作用が出ることがあります。万が一副作用が出た場合、医療機関に通っていれば、担当の医師に迅速に対応してもらえます。インターネットの輸入代行サイトを使えば、処方箋がなくても通販でプロペシア錠が手に入ります。医療機関よりも安く、自宅で気軽に購入できるのが魅力です。ただし、個人での購入になるので、副作用のような症状が出たときにどこの病院にいけばいいのかは、自分で判断する必要があります。副作用が出ても放っておくと症状が重くなる場合があるので、注意深く飲む必要があります。