プロペシアの副作用は医師に相談しよう|長期育毛計画

男の人

育毛内服薬で注意すること

腕を組む男性

ホルモンに影響する可能性

内服して効果を発揮する育毛薬として、プロペシアは多くの人に支持されています。その一方で、副作用があるという報告も数多く見られます。代表的な副作用と言われているのは、精力減退や精子の減少などです。プロペシアは男性ホルモンに影響を与える薬なので、男性機能の低下と結びつける人が多いと考えられます。実際には精力減退がプロペシアの副作用であると、医学的に証明されたわけではありません。しかし問題が出ていることは事実ですから、これから妊活に励もうとする男性は、十分に考えてから使用する必要があります。またプロペシアの副作用には、胎児の催奇性も挙げられているため、女性が服用してはいけません。もともと女性には効果の薄い薬です。

入手しやすくなった

プロペシアの使用によって、およそ4分の3の男性が「薄毛が改善された」「ある程度改善された」と答えており、他の育毛剤に比べても明らかに効果があると考えられます。科学的な根拠が認められたフィナステリドという成分を含んでおり、世界60か国以上で販売実績があることも、発毛効果を裏付けています。外用薬のミノキシジルと併用することは、欧米では薄毛治療の標準になっています。こうしたことが人気の理由といえるでしょう。プロペシアは原則として医師の診断を受け、医療機関で処方してもらう必要があります。かなり高価な薬でしたが、最近では正式に認可されたジェネリックも出回っています。個人輸入された海外製の商品よりも、安心できるのが特徴です。