プロペシアの副作用は医師に相談しよう|長期育毛計画

笑顔の男の人

男性型脱毛症を予防する

薄毛の男性

男性型脱毛症は、中年男性なら避けては通れない脱毛症です。ほとんどの男性が、症状の差はあれ発症します。防ぎたい場合はプロペシア錠の服用がお勧めです。プロペシア錠は医師に処方箋を出してもらえば、副作用なく安全に飲めます。

詳しく見る

男性型脱毛症の内服薬

手鏡と櫛を持つ男の人

前立腺の治療薬がきっかけ

プロペシア(フィナステリド)には男性ホルモンを抑える効果があり、「男性型脱毛症(AGA)」用の内服薬として処方されています。プロペシアは、もともとは前立腺肥大を抑えるための内服薬として開発されました。その臨床試験の過程で被験者に多毛症の副作用が見られたことがきっかけで、男性型脱毛症の治療薬としての研究が進んで発売に至っています。日本では2005年に厚生労働省によって認可されています。プロペシアが認可されたことによって、一気に「AGA」という言葉が世間一般に普及しました。プロペシアはとても効果が高い内服薬ですが、個人の判断で飲むと副作用が出る恐れがあります。医師に診てもらい、医師の指示のもとで服用することが大事です。

病院で処方してもらう事

プロペシアを3年間服用した8割以上の男性が、男性型脱毛症が改善したというデータがあります。それぐらい効果が高く、信頼のおける薬です。気になる副作用ですが、疲労感、頭皮のかゆみ、男性機能の減退、肝機能の低下などがあります。また、ひげやすね毛などの体毛が急に濃くなる人もいます。ネットの輸入代行サイトで処方箋なしで購入できますが、個人輸入の場合は副作用が出たときのリスクが大きくなります。病院で医師に処方してもらえば、万が一副作用が出たとしても、しっかり治療をしてくれます。病院では30日分6,000円〜9,000円ほどでプロペシアを購入できます。問題がないようであれば、2ヵ月や3ヵ月分まとめて出してくれる皮膚科もあります。

育毛内服薬で注意すること

腕を組む男性

プロペシアの副作用としては精力減退や精子の減少が挙げられており、どうしても子供が欲しい人は使用に注意が必要です。プロペシアは薄毛の改善に科学的な根拠が認められていて、欧米では標準的な治療方法のひとつになっています。

詳しく見る

男性型脱毛症に有効な薬

鏡を見る男の人

プロペシアは男性型脱毛症の治療に用いられている内服薬です。男性ホルモンを抑制し、ヘアサイクルを正常にする効能があります。プロペシアは男性の薄毛には効果がありますが、副作用のリスクがあるので女性の服用は禁止されています。

詳しく見る